headband

ニキビ跡を消す方法

HOME >> 男が大人になってもニキビができる原因って何?

男が大人になってもニキビができる原因って何?

肌の炎症性疾患が大人ニキビ
ニキビというのは多くの場合、十代の思春期にできるわけでありますが、実は二十歳を過ぎてもできてしまうことがあります。

このように、二十歳を過ぎて三十代にかけてできるニキビ、要するに肌の炎症性疾患をあえて大人ニキビと呼んでいるわけなのです。

そして今も昔も変わらずに、思春期にニキビができてしまう人たちはたくさんいるのですが、実は二十歳を過ぎてからニキビができる人たちが増加傾向にあるんですね。

そもそも大人ニキビというのは、毛穴が皮脂と古い角質とで混ざり合うことから詰まってしまい、そこにアクネ菌が増殖することで炎症を起こすことでできるわけです。


皮脂が毛穴に詰まるのはなぜ?
それでは、なぜ毛穴は詰まってしまうのでしょうか?それは、何と言っても一番の原因として考えられるのは、皮脂の過剰分泌を挙げることができます。本来、皮脂が過剰に分泌されても毛穴から排出されることになるはずです。

皮膚には、真皮を外側からの刺激から守って水分の放出を防ぐ働きを持つ角質があるのですが、古くなると新陳代謝によって剥がれ落ちるわけであります。ところがここで、問題が発生することがあります。

この新陳代謝がしっかりと、行われなくなってしまうことがあるんですね。そうすると、古い角質が皮膚に残ってしまい、そこに皮脂が過剰に分泌されることで混ざり合って毛穴に詰まることでアクネ菌が増殖してしまうわけであります。


それではなぜ、二十代という若さにありながら、新陳代謝が正常に行われなくなってしまうのでしょうか?


※こちらに続きます。
>>>新陳代謝の遅れが原因の大人ニキビ(準備中)

pagetop

ニキビの治療方法

ニキビの薬

ニキビの原因

ニキビ対策

スキンケア

ニキビの治療方法

ニキビの薬

ニキビの原因

ニキビ対策

スキンケア

Copyright(C) 2012 ニキビ跡を消す方法 All Rights Reserved. ダイエット