headband

ニキビ跡を消す方法

HOME >> ニキビの薬物療法

ニキビの薬物療法

ニキビ跡を残さないために
ニキビができてしまった時というのは、何よりも跡を残さないということを考えるべきだと思います。

何しろニキビ跡が残ってしまう辛い思いをするのはご自身なのですから。

ニキビというものは、時折「たかがニキビくらいで・・・」などという軽い言い方を耳にすることがありますが、けっして侮ってはいけません。

ニキビの状態が酷くなる前に皮膚科に行って適切な治療を受けるようにするべきです。それがニキビ跡を残さないための最善の方法ということになるでしょう。


外用薬と内服薬
実際にニキビ治療が始まったとして多くの場合、最初は薬物療法が実施されることになります。そしてその薬物療法で使われる薬には外用薬(塗り薬)と内服薬(飲み薬)があります。

どちらの薬が使われるかは、ニキビの状態によってことなります。要するに症状に合わせて適切な薬が使われるということですね。

このようにして症状に合わせて適切な薬を使えるというところが専門の皮膚科のメリットなのは当然のことなのです。


もしニキビの症状が軽度であれば、主な治療は外用薬で行われることになります。でも症状が酷い場合や化膿しているようなときには、外用薬と内服薬を併用しての治療が行われます。

さらにニキビの症状が重度ということであれば、治療薬には抗生物質が使われることもあるでしょう。治療薬として使われる抗生物質はニキビの原因となるアクネ桿菌(かんきん)の増殖を抑え、炎症を鎮めてくれます。

そもそも抗生物質は、生体細胞の増殖を抑えてその機能を阻害する働きがありますのでニキビの治療にはとても効果があり、実際に治療の現場では処方されることも多く見受けられます。


※こちらに続きます。
>>>ニキビの治療薬

pagetop

ニキビの治療方法

ニキビの薬

ニキビの原因

ニキビ対策

スキンケア

ニキビの治療方法

ニキビの薬

ニキビの原因

ニキビ対策

スキンケア

Copyright(C) 2012 ニキビ跡を消す方法 All Rights Reserved. ダイエット