headband

ニキビ跡を消す方法

HOME >> 新生児ニキビとは?

新生児ニキビとは?

本当に厄介なニキビ
ニキビが全く出来た経験のない人っていらっしゃらないと思いいますが、ニキビは一度できるとなかなかやっかいなものであるということは経験のある方ならよくご存知のことですよね。

簡単に治らなかったり、痛かったり、そしてできる場所によっては恥ずかしい思いをすることもあるでしょう。


ニキビ経験者のお話を聞きますとその原因として語る内容は下記の事項が多いように思います。

【経験者が語るニキビの原因】
・ストレスが溜まったからできてしまった。
・チョコレートを食べ過ぎてしまった。
・最近、野菜不足なんです。


それぞれが経験からきていることですからもっともな内容ですし、実際にニキビの原因としてあげることができるものばかりです。


ニキビの原因には色々なものがあります。そしてその原因は個人々々によって異なりますし、ニキビができる年令によってもニキビの性質に違いが出てまいります。

ニキビはできる年令によって下記のように分けられます。
(1)乳幼児ニキビ
(2)思春期ニキビ
(3)大人ニキビ



ここではそれぞれのニキビの特徴についてご説明してみたいと思います。

(1)新生児ニキビ(乳幼児ニキビ)
ニキビって実は新生児にもできてしまうことがあるんですよね。赤ちゃんが生まれて2週間〜3ヶ月の時期に多くみられますが、これは母体からの影響を受けているからなのです。

新生児が母体からホルモンの影響を受けて皮脂の分泌量が増加することで引き起こされます。生まれたばかりの赤ちゃんの皮膚は毛穴に皮脂が詰まりやすい状態にあるんですね

このような皮脂の詰まりが原因となって赤いポツポツとしたニキビがおでこや頬、そして頭部にできてしまうんですね。症状が酷いケースでは黄色いかさぶた状になってしまうこともあります。


※こちらに続きます。
>>>思春期ニキビと大人ニキビ

pagetop

ニキビの治療方法

ニキビの薬

ニキビの原因

ニキビ対策

スキンケア

ニキビの治療方法

ニキビの薬

ニキビの原因

ニキビ対策

スキンケア

Copyright(C) 2012 ニキビ跡を消す方法 All Rights Reserved. ダイエット