headband

ニキビ跡を消す方法

HOME >> ニキビ対策の具体的な洗顔方法

ニキビ対策の具体的な洗顔方法

※「ニキビ対策は正しい洗顔から」の続きです。

具体的な洗顔方法のご紹介

(1)洗顔を始める前に注意すべきポイント
髪の毛が顔にかからないようにしてください
ロングヘアーの方は、髪の毛を束ねましょう。そして前髪はヘアバンドやピンでとめること。とにかく顔全体がきちんと洗えるようにすることが大切です。おでこはニキビが出来やすい場所なので、しっかりと出しておいてくださいね。

洗顔する前に、充分な手洗いが必要です
手が汚れたままで洗顔を行っても、ニキビ対策にはなりません。それから油分が手に付着していますと、洗顔剤の泡立ちが抑えられてしまいます。

泡立ちが悪い状態で洗顔しては、石鹸本来の効果を期待できません。冬場はハンドクリームを使うことが多いでしょうから、特に意識して手を洗うようにしましょう。

(2)洗顔方法
ぬるめのお湯で素洗いしましょう

お湯の具体的な温度は35℃〜40℃くらいです。始めに洗顔剤で洗顔する前に、ぬるめのお湯で肌についた汚れを落としましょう。熱いお湯は、肌に悪影響がありますのでご注意ください。

素洗いの時、手に皮脂がつくことがありますが、そのような場合は、その皮脂を洗い落とすこと。手に皮脂が付着しておりますと、やはり洗顔剤の泡立ちが悪くなります。

洗顔剤をよく泡だててください
手をぬるま湯でぬらしてから、手に平くぼませてへこんだ場所に洗顔剤をつけます。次に、もう一方の手の人差し指と中指、そして薬指の3本の指で、お湯と洗顔剤に空気を入れながら混ぜてたっぷりと泡だててください。

どうしても泡立てることができない方は、泡立てネットなどを利用すると泡立ちます。

泡で顔を包むようにして洗いましょう
ごしごしこすり洗いをしますと、肝心の汚れが落ちないばかりではなくてお肌を痛めてしまう可能性もありますのでご注意ください。顔を洗う際には、充分の泡で顔を包み泡のクッションで洗うようなイメージです。

ぬるま湯でしっかりとすすいでください
洗顔した後は、ぬるま湯で泡や汚れをしっかりと流すようにします。洗顔剤のすすぎ残しは、ニキビの原因になってしまいます。

おでこの端や耳の近辺、そしてあごという場所泡が残りやすくなっていまして、それが原因でニキビのできてしまう方もいらっしゃいます。ということですすぎは念入りに行ってくださいね。

タオルで水滴を押さえるようにして拭いてください
洗顔した後に、タオルでごしごしと顔を拭きますと、肌を痛める可能性があります。やさしくいたわるようにして水滴を押さえるように拭き取りましょう。

洗顔というものは、やたらと数をこなせば良いというわけではありません。何度も繰り返して洗顔をしてしまったら、必要とする皮脂までも洗い落とされてしまいます。そうすると免疫力が低下してしまい、ニキビができやすくなる可能性もあります。

正しい洗顔を行って、ニキビのできにくいお肌の環境づくりしてみませんか。


pagetop

ニキビの治療方法

ニキビの薬

ニキビの原因

ニキビ対策

スキンケア

ニキビの治療方法

ニキビの薬

ニキビの原因

ニキビ対策

スキンケア

Copyright(C) 2012 ニキビ跡を消す方法 All Rights Reserved. ダイエット