headband

ニキビ跡を消す方法

HOME >> おでこニキビの原因

おでこニキビの原因

思春期に特に出来やすいニキビ
思春期において特に出来やすいニキビに、おでこニキビがあります。

念のため思春期についてもご説明しますが、思春期とは一般的に、女の子は7歳から11歳くらい、そして男の子は9歳から13歳くらいの期間のことです。

これくらいの時期に第二次性徴が現れたり、異性に興味を持ち始めるなどで、人生や人間関係などで悩み多き時代に入って行くことになります。

おでこはTゾーンと呼ばれていて、他の部分と比較しても皮脂腺が多いために、顔の中でも皮脂分泌量が多くてべたべたしやすいところなのです。

ちなみにTゾーンとは、顔の額から鼻筋や顎にかけのT字型の部分です。


思春期というのは、成長を促進して代謝をコントロールする働きのある成長ホルモンの影響を受けてしまうために、ホルモンのバランスが崩れやすい時期と言えます。

ホルモンバランスが崩れると、皮脂が必要以上に分泌されてしまいます。このように皮脂分泌量が多すぎますと毛穴が詰まって、おでこにニキビができてしまうわけなんですね。

また前髪がおでこニキビの原因になることもあります。

※おでこニキビと前髪の関係につきましては、こちらをご参照ください。
>>>おでこニキビの治療と改善法


ホルモンバランスの乱れ
もし仮に、思春期を過ぎているにも関わらず、おでこニキビができてしまうようであれば、生活習慣を見直した方がいいかもしれません。

バランスの取れていない食事や不規則な日常生活を送るなどで、ホルモンバランスを乱しやすい生活環境にありますと、おでこニキビに悩まされることもあるでしょう。


思春期を過ぎた年齢の方で、おでこニキビが出来てしまう場合は、まずはご自身の日常を振り返って生活習慣を改善しましょう。


pagetop

ニキビの治療方法

ニキビの薬

ニキビの原因

ニキビ対策

スキンケア

ニキビの治療方法

ニキビの薬

ニキビの原因

ニキビ対策

スキンケア

Copyright(C) 2012 ニキビ跡を消す方法 All Rights Reserved. ダイエット